銀行は審査が厳しい?それホントですか?正しい知識で無用な不安を取り除こう!銀行カードローンの審査基準のイロハ

銀行カードローンの審査を受ける前に知っておきたいこと

銀行カードローンは審査が厳しいんでしょうか?

結論から言うと、消費者金融や、信販会社と比べて
はっきりと厳しいとは言えません。

なやむ

 

消費者金融の審査は通らなかったが、
銀行の審査は通った、
なんてこともあります。

 

実は、私もそうなんです。
専業主婦なんですが、
消費者金融では断られ、銀行では審査に通りました。
理由は、下にも書いてるので読んでくださいね。

 

それではまず、
消費者金融と銀行カードローンの違いって何なのかを見ていきましょう!

 

総量規制を知っておこう

2010年に貸金業法が改正されたんです。
この時に総量規制という規制が生まれました。
これは
「貸金業者は、利用者の年収の3分の1を超える貸付を行ってはならない」
というものなんです。

 

多重債務者や、法外な金利で貸し付けるヤミ金業者の存在が問題になり、
その対策でもあったようです。

お金

 

つまり、年収300万円の人は、
100万円までしか借りられません。ってことです。

 

ただし、この総量規制には、対象としている貸付とそうでないものがあるんです!
以下は対象です。

  • 消費者金融の貸付
  • 信販会社の貸付
  • クレジットカードのキャッシング

 

つまり、銀行の貸付は含まれません。
銀行カードローンは総量規制対象外なのです。

 

銀行には元々、住宅ローンや自動車ローンなど
年収の3分の1を超えるローンが存在していて、
これは、人々の生活の助けになりますし、日本の経済全体にも影響があるものです。
これを規制するわけにはいけませんね。

 

ですので、銀行には銀行法が適用され、貸金業法は適用されません。

 

これは、利用者にとってどういう影響があるかというと、
例えば、収入のない専業主婦などは、
消費者金融では絶対に借入れできませんが、
銀行では借入れできる。
といったことが挙げられます。
私もこのパターンです。

 

審査されるポイントって?

実際に銀行や消費者金融が、審査を行う時に
各項目のどのラインを通過基準としているかは、
明確にはわからないものが多いですね。

 

それはなぜかと言うと、
利用者の全体的な経済状況、返済能力、借入れ状況、返済履歴
を考慮して、
「この人なら大丈夫だろう。」
と判断がなされるからです!

 

審査項目としては以下のものが代表的です。

  • 年齢
  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 借入れ状況
  • 返済履歴
  • 希望の借入れ限度額

ポイント

 

例えば、
年齢は各社、「20歳から66歳まで」
といった感じで、対象年齢の枠が明記されています。
50代よりも、働き盛りの20代や30代の方が有利になる、というのが一般的です。
しかし、30代でも、既に複数社から借入れがある時や、転職回数が多いとなると
審査は厳しくなると考えられます。

 

逆に、パートやアルバイトでも勤続年数が結構あって、
「収入が安定している」と判断されれば、
審査を通ることもよくあります。

 

特に銀行の場合、専業主婦でも
その銀行の口座を持っていたり、
住宅ローンの利用があったりすれば、審査に良い評価となりますね。

 

キーワードをあげるとすれば
「安定感」でしょうか?
それは、貸す側に「信頼感」を与えますね。

 

借入れする時は、各審査項目にそって、
自分の状況を洗い出し、
「信頼感」を得られるかどうか、シミュレーションしてみましょう!

 

オススメ銀行カードローンを紹介

わたしがオススメするのは
みずほ銀行カードローンです!
みずほ
↑詳しくは公式サイトへ

 

特徴として

  • 専業主婦でも、限度額30万円まで借入れ可能
  • 200万円までの借入れなら、収入証明書が不要
  • 住宅ローンを利用しているなら、金利が0.5%オフ
  • 最短でお申込み日に融資が可能

などが、お得なポイントですね!

 

条件としては、みずほ銀行の普通預金口座を作らないといけませんので、
前もって作っておきましょう!

 

生きたお金の使い方

私が初めてお金を借りたのは、
大学生になりパソコンが必要になったときでした。

 

いまから考えれば化石のようなパソコンでしたが、
当時は24万円もしました。
ローンを組んで買いました。

PC

 

大学生のアルバイトですので時給900円くらいのものです。
大学でクラブ活動をしていたため、
なかなか継続的にアルバイトができず、
日雇いで日払いのようなアルバイトをして、
パソコンのローンを払っていたことを覚えています。

 

大学生に取って1万円は意外に大きなお金で、
月々同じ日に引き落とされるので、
遅れずに1万数千円を自分の口座に入金したのを覚えています。

 

月々のローンで買ったパソコンのおかげで、
大学院生となったときの
授業の宿題、レポートの作成、及び修士論文
の作成をすることができました。

 

そして大学院の生活も終盤になると、
就職活動があります。
パソコンがなければ、就職活動は絶対にできません。

 

今はあるのが当然と思っていますが、
このパソコンをローンで買っていたことは、
私の人生に取って大きな影響を与えたでしょう。

 

振り返ってみれば、
ローンを組んででも今なければならないものを手に入れる、
そんなこと当たり前に思えるようになったのもこのパソコンのローンがきっかけです。

 

私の妻が度々言うのですが
「生きたお金の使い方」は、生活を豊かにします。
個人個人で「生きたお金の使い方」の定義が異なるかもしれません。

 

人間の考え方や振る舞いが、個人で異なるように、
お金に対する思いも個人差があると思います。
しかし、本当に必要なものを必要なタイミングで手に入れることを
「生きたお金の使い方」に含められるのであれば、
ローンはまさしくお金を生かす方法であり生活を豊かにする方法でしょう。

 

私はパソコンの購入を通じて、
生きたお金の使い方を学び、
自分の生活を豊かにしてきました。
それは、職業選択の機会などの人生の節目で、
自分の可能性を広げてくれました。

 

例えば、転職活動も二代目のパソコンとモバイル機器をローンで買わなかったら、
現在の職場で私は正社員として働いていないでしょう。
ローンが私の可能性を広げてくれたと言えるでしょう。

 

結婚した妻との間に、まだ小さい子供が二人います。
こんどは私だけでなく妻や子供の将来のために、
生きたお金を使い方して、
彼女たちの生活を豊かにしたいと思います。

 

時代の流れを考えれば、
彼女たちの可能性を最大限広げるためにも、
海外留学をさせたいと思います。
そのときは、喜んでお金のやりくりしていると思います。